経営者に大切なこと

京セラオプテック元社長、福永正三先生の経営塾と、神奈川県の企業経営者の異業種交流会がありました。福永先生は、京セラ稲盛哲学の継承者で、熱いと噂の経営塾を全国で展開しています。個人的にも以前よりご指導いただいています。今回、横浜で講演されると伺い拝聴してきました。

AI、ロボット、IoT、クラウド、GDP成長の限界、大量消費時代の終焉、超高齢社会、企業メンタルヘルス・・・などなど企業を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。5年10年先を見据えて計画を立て、事業を成長させていくことは基本です。しかし、福永先生のお話やほかの社長・役員さんのご意見を伺うと、「感謝」「情熱」「精進」などの経営者心構えがとても重要であると感じました。逆に、その心根が正しければ、無駄なエネルギーを使わずとも、川の流れに身を任せていながらにして事業は成長すると感じました。

福永先生は80歳を超えたいまでも月の半分以上は各地で講演活動などされていると伺い、「根性」が最後を左右すると肝に銘じ、私のできる啓発活動は続けていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。