こどもの頭痛

頭痛外来を開設して、お子様の頭痛(20歳未満)の来院も増えてきました。

一般的に、子供の頭痛の場合、大きな仕訳として以下のものがあります。不明な場合は、ご相談ください。

・子供の頭痛の原因として多いのは、感染症と頭部外傷です。感染症は、髄膜炎を併発するリスクもあり、まぶしい・吐いてしまう・首の後ろが痛いなどの場合は、受診してください。また、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因となることもあります。頭部外傷は、意識障害を伴わないような軽い打撲などのほうが頻度が高いです。ぶつけてしばらく大丈夫だったけれど、数日たってから痛くなるというのが多いと思います。

・徐々に増悪する頭痛の場合は、器質的疾患を除外する必要があります。例えば、脳腫瘍・脳動静脈奇形・血管腫・もやもや病などです。MRIでいずれも判別できます。治療が必要となることが多いですが、各疾患の治療法は熟達した知識・技術が必要です。該当してしまった場合、それぞれのエキスパート医師を紹介します。

・上のものに該当しない場合、2つの頭痛が多いと思います。ひとつは、片頭痛。お母さんや兄弟にも発作性の頭痛が認められる場合、片頭痛で間違いないと思います。生理がはじまる頃くらいに、症状が出現してきます。生理痛と思われ放置され、患児が我慢している場合があります。ひどく痛がるので、学校で何かストレスがあるのではないかと短絡的に結論付けられる場合があり、注意が必要です。一方、慢性緊張型頭痛の患児は、メンタル的アプローチが必要です。朝起きられない、夜中までスマホやゲームをしている、連日性に頭痛があり、しばしば学校を休む。昼になると調子が良くなって学校にいけるなどが特徴です。また、起立性調節障害や不眠などの自律神経の異常を伴うことが多く、早めのしっかりした対応が必要になります。

・最後に、親御さんが片頭痛もちの場合、お子様の頭痛ではなく、反復性嘔吐や腹痛で始まる場合もあります。胃腸炎もしくは異常がない、ストレス反応などの診断で、行き詰っている場面にもよく遭遇します。これは、片頭痛と同じメカニズムが腹部におこっていると考えられており、migraine equivalentとよばれています。ほかにも、発作性めまいなど、頭痛とは関係ない症状が、根源で同一メカニズムから発生している場合があります。

SNSでもご購読できます。