認知症の会での講演

開院して初めて、講演をしました。NPネットワークという、湘南いなほクリニック院長内門先生と東海大学神経内科准教授馬場先生が主導されている会です。世話人には、レビー小体型認知症を発見した小阪名誉教授や、横浜市大精神科平安教授もいらっしゃいます。
当院の紹介とともに、薬理学での研究や、MRI完備の脳神経外科クリニックにおける認知症診療の現状について、お話しさせていただきました。実際、外来には、正常~軽度認知障害~認知症の判別を求める患者さんが多く、中には、脳卒中や脳腫瘍など別の要因で認知症になっている患者さんもいらっしゃいます。ガイドラインに従った正確な診断とともに、手術・精神科・神経内科の各エキスパートとの連携がとても重要です。今回また、新たに連携していただける先生方と知り合うことができ、とても有意義な会でした。

https://www.facebook.com/npnetwork99/

SNSでもご購読できます。