ほどがや脳神経外科クリニック

  • 横浜市保土ヶ谷区帷子町1-17 YGYビル2階
お問い合わせ
045-459-9588

ほどがや脳神経外科クリニック

院長紹介

ご挨拶

ご挨拶GREETING

院長先生
院長 日暮 雅一
メディカリスト

保土ヶ谷駅前に「ほどがや脳神経外科クリニック」を、平成28年11月に開院させていただきました。

いままで、横浜市立大学やその関連基幹施設において、脳動脈瘤・バイパス手術・良性脳腫瘍の手術を中心に、多くの脳神経外科手術を行ってきました。研究・留学の後は、定位放射線治療(サイバーナイフ)や認知症の在宅医療に力をいれ、幅広く研鑽を積んで参りました。

世界に類を見ない高齢化社会を経験しつつあるわが国において、単なる長寿から、健康長寿を目指す医療が、ますます重視されてくるものと思われます。特に脳神経疾患は、寝たきりに至る確率が高く、早期発見と予防が大切です。たとえ障害を負っても、生きがいを追求する方法は無限にあります。

当院では、特に「頭痛・認知症・脳卒中」の専門外来に力を入れていきます。また、脳神経診療において、迅速かつ高精細な画像検査は必須であり、最新式の静音MRI(1.5テスラ)を完備しました。

「脳のかかりつけ医」として、地域の皆様に寄り添い、末永く健康サポートに努めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

略歴

1999年 横浜市立大学医学部 卒業
横浜市内複数の基幹病院で修練
2005年 小田原市立病院 脳神経外科主任医長
(2005年度 脳神経外科部長代行)
2009年 横浜市立大学大学院医学研究科
脳神経外科助教
(2011年度 脳神経外科教室医局長)
2012年 Australia Macquarie大学留学
医工連携学research fellow
2014年 新緑脳神経外科・横浜サイバーナイフセンター医長
2016年 ほどがや脳神経外科クリニック開設

資格

  • 医学博士(神経薬理学)
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本頭痛学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本認知症学会専門医/指導医
  • 日本認知症ケア学会 ケア専門士
  • 認知症サポート医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者福祉法15条指定医
  • (肢体不自由 言語咀嚼)
  • 難病指定医
  • ボトックス治療医
  • 自立支援指定医療機関(てんかん)

受賞

2011年 横浜市立大学 優秀指導医賞
2014年 横浜市立大学脳神経外科教室年次功労賞 学術部門

理念

理念POLICY

「脳のかかりつけ医」として、地域医療の充実に努めます。
脳卒中や認知症は、健康寿命を短くし、頭痛やめまいは、生活機能を障害します。更に頭のけがは、迅速な対応が求められます。脳に関わる医療は、専門的知識と経験が不可欠です。私達は「脳のかかりつけ医」として地域の医療機関と連携しながら、地域医療サービスの質を高め、支え続けられる存在になることを目指します。
迅速・正確・誠実な医療を提供します。
この3つの心構えは、今まで医療に携わっている中で、職種・部署を超え、あらゆる立場で大切だと実感しています。簡にして要を得た医療を目指す一方で、しっかり納得いく説明を心がけます。

ロゴ

ロゴLOGO

ロゴ当院のロゴは蓮の花ロータスです。蓮華は、仏教経典や仏教建築においてしばしば登場します。泥中においてきれいな花を咲かせる有様が、生老病死の苦に満ちた娑婆世界において、豊かな人生を実現する象徴となっています(実際、泥が悪いわけではありませんが)。蓮華の精神を胸に、患者様の不安や苦しみを和らげ、豊かな人生の実現を願って診療いたします。