比較的横浜駅に近い脳神経外科連携会

会合のアップばかりで恐縮ですが、横浜駅に比較的近いところで活躍している脳血管内治療家と脳神経外科クリニックの連携会がありました。尊敬するクリニック先輩方と、血管内治療や手術をお願いしている心強い治療家の先生方です。血管内治療におけるデバイスの進歩やエリア連携などの話、医局の話(市大・慈恵・つくば)など尽きませんでした。個人的には、子安先生・宮崎先生にクリニック経営の疑問点を相談し、教えていただき助かりました。当院ご利用者さんでご縁がある方もいると思いますので、当ブログ恒例により、私を除いた左から先生方をご紹介いたします。

増尾修先生(横浜市民病院 血管内治療科部長)いちばん当院に近く、高難度症例もいつも丁寧に対応していただいております。

中居康展先生(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 血管内治療センター長)昨年筑波大学から市大関連施設長へ就任された血管内治療医。磯子区・金沢区方面の患者さんをご紹介対応いただいております。

子安英樹先生(子安脳神経外科クリニック院長)横浜の脳神経外科クリニックの草分けかつ最大規模です。私も開業前バイトでいっていたことがあり、子安先生の人柄と経営手腕を学びました。

宮崎喜寛先生(よこはま高島町クリニック院長)前宮崎脳神経外科病院院長。医師会の神経研究会などでお世話になっている先輩です。

郭彰吾先生(脳神経外科東横浜病院副院長)羽沢を中心にQQを受けています。慈恵医大との連携もある病院で、当院で発生したQQも迅速にお迎えしてくれています。

坂田勝巳先生(市民総合医療センター脳神経外科准教授)横浜で頭蓋底外科を牽引する古くからお世話になっている先輩です。全国区の手術エキスパート人脈が広く、いろいろと楽しいです。

清水信行先生(横浜市立大学附属病院脳神経外科講師)当院火曜日の代診を担当していただいています。市大医局の主要構成員であり応援しています。

コロナパニックのなか、お集まりいただきましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。