横浜市立大学グループ連携の会

横浜市立大学の脳神経外科・精神科の先生方と勉強・連携の会がありました。当院の役割と、病院における先端治療の役割を明確にして連携することで、医師の負担を軽減し、患者さんにも効率の良い医療が提供できると考えます。患者さんの身近な脳のかかりつけ医からのエキスパートへの橋渡し(脳のコンシェルジュ業務)がスムーズに行われることが、重要であると感じました。

湘南鎌倉総合病院副院長 脳神経外科部長 権藤先生(右)

市大センター病院 脳神経外科部長(准教授) 坂田先生(奥)

国立病院機構横浜医療センター 脳神経外科部長 宮原先生(左奥)

横須賀市民病院精神科科長 磯島先生(左手前)

慈恵医大脳神経外科医との情報交換会

慈恵医大の主力医師、スタミナの塊:郭樟吾先生(左)と、イケメン二刀流血管外科医:西村健吾先生(右)と、脳卒中連携につき、議論を交わしました。

横浜周辺の脳血管治療(カテーテル治療)の拡充・連携について、よいアイデアをいただきました。慈恵医大の村山教授は、日本を代表するカテーテル治療医であり、その後継者として育っているお二人の今後の活躍に期待したいと思います。