ほどがや脳神経外科クリニック

  • 横浜市保土ヶ谷区帷子町1-17 YGYビル2階
お問い合わせ
045-459-9588

ほどがや脳神経外科クリニック

認知症

認知症

認知症DEMENTIA

当院では、認知症専門医による物忘れ外来を常時開設しております。

認知症

一言で認知症といっても、国際分類によると100を超える原因があります。治療可能な認知症(正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫・せん妄など)と、現状では根本的治療のない変性疾患による認知症(アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症など)に大きく分類できます。また、正常と認知症の中間のような、軽度認知障害(MCI)に該当するケースや、複数の原因が混ざっているケースもあります。

当院では、これらの鑑別を行い、適切な治療とケアを提供いたします。検査の所要時間は2時間程度です。一方で、クリニックでは診断が難しいものや、有効な治療法がない特殊なケースもあります。そのような場合は、大学などの専門機関と連携しながら治療を行います。「正しい治療は、正しい診断から」であり、迷ったらお気軽にご相談ください。

以下の方もしくはご家族は、是非ご相談ください。

  • 料理・買い物など、今まで通りできなくなった(実行機能障害)
  • 数分前のことをすっかり忘れてしまう(短期記憶・エピソード記憶障害)
  • 会話がかみ合わなくなった(失語・構語障害)
  • 歩くのが不安定で転びやすくなった(パーキンソニズム・小脳失調)
  • 周りからは理解できない言動をする(幻覚・妄想・せん妄)
  • 怒りっぽくなったり趣味への関心がなくなった(易怒 うつ 無関心)
  • においがわからない、鈍くなった

認知症ケア専門

認知症ケア
専門士としてEXPERT

介護者の介護疲れ対策・社会資源の活用・経済的サポートの相談などもいたします。
現在、進行を遅らせる薬(ドネペジルなど)が治療の中核を担っていますが、改善を認める症例は1/3程度です。現状の医療では、中核症状の改善は得られませんが、ケアの工夫や介護者の対応やリハビリにより、周辺症状が減り、あたかも治ったかのように改善するケースもあります。

認知症ケアでは、患者様本人の生きがいを追及し、環境整備や介護者はじめ周囲の人々のかかわり方が重要です。薬物療法は補助的な位置づけとし、できるだけ環境調整に力をいれます。また、介護者の心のケアも重要であり、関わり方のコツをお伝えします。


当院では、認知症にかかわる以下の書類を取り扱っています。

・成年後見制度における鑑定書・診断書
・運転免許更新における診断書(更新時のテストで第1分類になった方)
・主治医意見書(介護保険)